ねこの京都
 
京都のネコはふっくらとはんなりです。
ねこを通して京都を見る。
京都の風土に生きるねこを撮影していたら、いつの間にか、敷居が高いと思っていたはずのこの都が、心地よくなっていた。
彼らの生き様が古の都の文化を息づかせる。そう、ここはねこが案内してくれた「ねこの京都」。 岩合光昭
 
構成
動物写真家の岩合光昭は1年以上をかけて京都のねこを撮影しました。
ねこを通して見た京都を「春」「夏」「秋」「冬」の4章で展開します。
定価:本体1,600+税
サイズ:B5変形
ページ数:128
ISBNコード:978-4-904845-79-0
  • AMAZONで購入する
  • 書店様御注文PDF
  • エクセル版
 
関連書籍

写真集「ねことじいちゃん」

 

『写真集「ねことじいちゃん」』

2019岩合光昭の世界ネコ歩き週めくりカレンダー

 

『2019岩合光昭の世界ネコ歩き週めくりカレンダー』

「かぴばら」

 

「かぴばら」

IWAGO'S BOOK4 ねことはな

 

IWAGO'S BOOK4 ねことはな

岩合光昭の世界ネコ歩き2

 

『岩合光昭の世界ネコ歩き2』

2019岩合光昭ねこスケジュールダイアリー

 

『2019岩合光昭ねこスケジュールダイアリー』

2019岩合光昭ねこ壁掛けカレンダー

 

『2019岩合光昭ねこ壁掛けカレンダー』

世界ネコさがし

 

『世界ネコさがし』

とらねこ

 

『とらねこ』

コトラ、母になる

 

『コトラ、母になる』

ふるさとのねこ

 

『ふるさとのねこ』

文庫本 世界ネコ歩き

 

『文庫本 世界ネコ歩き』

文庫本 ネコライオン

 

『文庫本 ネコライオン』

ネコライオン

 

『ネコライオン』

文庫本 ねこ歩き

 

『文庫本 ねこ歩き』

ねこ歩き

 

『ねこ歩き』

ぱんだ

 

『ぱんだ』

どうぶつ家族

 

『どうぶつ家族』

文庫本 いぬ

 

『文庫本 いぬ』

いぬ

 

『いぬ』

文庫本 ねこ

 

『文庫本 ねこ』

ねこ

 

『ねこ』