■会 期 2019年8月28日(水)~9月4日(水)
■会 場 松屋銀座8階イベントスクエア(東京都中央区銀座3-6-1)
■開場時間 午前10時~午後8時 ※9月1日(日)は午後7時30分まで
(最終日は午後5時閉場・入場は閉場の30分前まで)
■企画協力 ㈲おうれりあん、クレヴィス
■入場料 一般1,000円(700円)、高校生700円(500円)、中学生500円(400円)、
小学生300円(300円) ※( )内は前売料金。
前売券は各プレイガイドにて7月下旬から8月27日(火)まで販売予定。

【今森光彦プロフィール】
1954年 滋賀県生まれ。写真家・切り絵作家。大学卒業後独学で
写真技術を学び1980年よりフリーランスとなる。琵琶湖をのぞ
む田園風景の中にアトリエを構え活動する。自然と人との共存を
里山というキーワードで表現し続けている。第20回木村伊兵衛写
真賞、第28回土門拳賞、第48回毎日出版文化賞、第56回小学
館児童出版文化賞、第42回産経児童出版文化賞大賞など数多くの
賞を受賞。


【展覧会構成】
第1章 里山物語
湖西(琵琶湖の西方)を中心に撮影された
美しく迫力溢れる里山の写真作品を展示します。

第2章 里山の庭とくらし
2019年3月に刊行された写真集『オーレリアンの庭』から、
今森さんのアトリエがある庭で撮影された写真を、四季を追って展開します。庭に集まる蝶や昆虫、四季に合わせて変化する美しい自然をご覧頂きます。また今森さんの自然に寄り添うライフスタイルや日々の環境活動についてもご紹介します。

第3章 里山のアトリエ
モノクロやカラーなど、最新作を含む切り絵作品を展示します。
一本のはさみから生み出される精緻で生き生きとした作品群をお楽しみいただきます。